テクノロジーが変革する
サプライチェーンの4つの形

テクノロジーが変革する サプライチェーンの4つの形

テクノロジーが変革する サプライチェーンの4つの形

サプライチェーンマネジメントは今後どのように変化していくでしょうか?


サプライチェーンマネジメントは今後どのように変化していくでしょうか?


テクノロジーは、サプライチェーンマネジメントの変化を推進し、新たなビジネスの機会を生み、中小企業の成長を促進しています。

気候変動、国境を越えた貿易紛争、そして今や世界的な感染症の大流行。今日のサプライチェーンが絶えず変化するのは当然のことと言えます。競争力を維持するために、企業は新しいテクノロジーを利用してサプライチェーンを改善し、変革しています。

データに基づくインサイト
今日の複数の業界にわたる変化の最大の原動力はデータです。ワークフローやプロセスへのインサイトから、貨物に関するリアルタイムの位置情報更新の配信まで、データはビジネスのあり方に変化をもたらしています。

サプライチェーンマネジメントは複雑化し、予測不可能なものになっていくかもしれません。一方で、データの進歩により、サプライチェーンの流れを追跡および監視し、改善が必要な領域を特定することはこれまで以上に簡単になりました。海運業界では、データから前例のないレベルのインサイトや情報を得られるようになり、世界全体の履行能力を変革しています。

ブロックチェーン
数年前に登場したばかりのブロックチェーンですが、すでに多くの業界に変革をもたらしている優れたテクノロジーです。

ブロックチェーンとは、取引、移動、または物品に加えられた変更のデジタル記録です。物流では、ブロックチェーンを使用して貨物情報の整合性を維持し、企業や荷受人に対する貨物の紛失や遅延のリスクを軽減します。貨物がログに記録されたり、移動されたり、新たな状況にさらされたりするたびに、その情報が貨物情報のブロックに追加され、データベース全体で共有されます。

ブロックチェーンはソース以外からは編集または変更できないため、出来事の記録を安全に保存できます。では、ブロックチェーンがサプライチェーンマネジメントで重要となる理由は何でしょうか?それは、契約の管理と署名、状況の追跡、貨物の移動の正確な履歴の維持に活用できるため、リスクを軽減し、時間効率を向上させることができるためです。

複数階層在庫システム
スマートサプライチェーンマネジメントを形成するもう1つのトレンドは、複数階層在庫システムへの移行です。

複数階層在庫では、サプライチェーンのさまざまな場所で異なる在庫レベルを使用することができます。たとえば、出荷の遅延を減らし、製品の返品を処理しやすくするために、最終顧客に近い倉庫により多くの在庫を保管する場合があります。一方で、過剰在庫を減らし、キャッシュフローを改善するために、製造元の近くで保管したほうがよい場合もあります。

複数階層在庫システムでは、サプライチェーンの持続可能性の向上にも役立ち、特定の商品を輸送する際の二酸化炭素排出量や場所によって異なる腐敗しやすさなどの要因を考慮することができます。適切なデータさえあれば、この種のアプローチは、サプライチェーン全体のあらゆるリスクや非効率性の最小化に役立ちます。

モノのインターネット
モノのインターネット(IoT)の進歩により、物流サービスで荷送人と荷受人の両者に利益をもたらす機能を開発することができました。FedExはセンサーベースの物流のパイオニアです。IoTを使用して、貨物全体の高い可視性をリアルタイムで提供してきました。FedExのイノベーション、SenseAware®では、IoTを使用して貨物全体の高い可視性をリアルタイムで提供しています。SenseAwareでは、高価値、ハイテク、温度の影響を受けやすい貨物など、より専門的なサービスを必要とするお客様向けに、湿度、場所、露光など、これまでに無いほど詳細に監視と追跡を行うことができます。

データを収集および送信する通信ネットワークにより、エンドツーエンドで貨物を可視化できるため、事業者様が安心して出荷できるようになりました。異常が発生した場合には、直ちにアラートが送信されます。ブロックチェーンのような新しいテクノロジーが主流になりつつあるように、SenseAwareのようなテクノロジーも、未来のテクノロジーの始まりにすぎません。

未来
ブロックチェーン、複数階層在庫システム、そしてIoT、これらは、物流業界に生じている3つの変革にすぎません。当社はデーター機能を拡張するため、これらのテクノロジーを組み合わせて使用し、新しいデータに基づいて効率的に、よりスマートなサプライチェーンマネジメントとその運用を創出しています。

FedExではデータ変換を活用しています。Microsoftと協力してデータをクラウドに移行し、サプライチェーンを再考することができるようにしました。

FedExのグローバルなデジタルネットワークおよび物流ネットワークをMicrosoftのインテリジェントクラウドと組み合わせることで、コマースエクスペリエンスの最も重要な側面を改革し、デジタル化が進む今日の状況で企業がより競争力を発揮できるようにします。これは始まりにすぎません。


スモールビジネスセンターからのその他のお知らせ

記事16画像

変化するお客様のニーズに成長事業が上手く対応していくには。 当社の考えをご覧ください。

記事14画像

4万5千人もの市場であるヨーロッパが48時間圏内に。迷っている暇はありません。