オンライン返送への対応の重要なヒント

オンライン返送への対応の重要なヒント

オンライン返送への対応の重要なヒント

優れた返品プロセスは、費用を節約することができま たロイヤルカスタマーを生むことに繋がります。

優れた返品プロセスは、費用を節約することができま たロイヤルカスタマーを生むことに繋がります。

お客様の返品ポリシーは顧客を満足させていますか?顧客を煩わせていませんか?返品商品への対処法でビジネスを成長させる方法をご紹介します。

商品の返品を希望する顧客を管理することは、オンラインビジネスの基本です。オンラインでの買い物客の多くは購入商品を頻繁に返品することはありませんが、統計によると、オンラインでの返品はおよそ30%に上ります。1また、81%ものお客様が、購入を決める上で返品またはキャンセルの対応を重視していることも明らかになっています。2そのため、顧客の希望に対応した信頼できる返品ポリシーを提供することが重要です。

返品を繰り返す顧客に対して返送料を有料にしている業者がいる一方で、カスタマーサービスの一環として返品を歓迎している業者もいます。中小企業は、返品数を最小限に抑えるよう対策をしたいと思う一方で、顧客ができるだけ簡単に商品を返送できるようにする必要もあります。

返品の最適化
返品件数を最小限に抑える最善の方法は、顧客が望むものを正確に提供することです。残念ながら、オンラインの世界ではいつでも可能なわけではありません。物理的に手に取って確認するまで、その商品をどの程度気に入るか、または欲しいと思うかを評価するのは非常に難しい場合があります。企業ができる最善のことは、デジタル体験を実体験にできるだけ近づけることです。たとえば、一部のファッション小売業者は現在、衣服やアパレルを仮想的に試着できるアプリを顧客に提供しています。他にも、「ブラケティング」などのテクノロジーを使用して、さまざまなサイズ、カラー、その他のバリエーションの製品を顧客に送る業者も存在します。顧客は最も気に入ったものを選び、残りの商品は返品します。

総合的な購買経験の一部
買い物客は返送料が無料かどうかをよく確認しているということが多くの調査で明らかになっています。これは、特定のブランドの購買意欲に影響する可能性があります。つまり、返送料を有料にするという選択を取ることは、ビジネスの潜在的な売り上げに対しコストが発生していると考えることもできます。この点で、返送料を比較考慮をする上で覚えておくことが重要です。

さらに、商品返品の猶予期間についても考える必要があります。これは、季節の商品または流行の移り変わりが激しい商品で特に重要です。この場合は、返品期間を短くすることで、昨シーズンからの売れない商品が山積みになることを避けることができます。また、期間を延長した休暇用返品ポリシー設けることで、顧客に時間や柔軟性を提供することができます。

痛手なく貨物を返送するには
返品処理がシンプルであるかどうかは、顧客が再度利用してくれるかどうかに影響します。住所を印刷済みのラベルや、サンプルフォーム、さらには再利用可能な商品返品用のパッケージを提供することで、比較的低コストで処理をスムーズにすることができます。

優れた返品ポリシーを作成するには時間がかかります。試行錯誤も繰り返す必要があります。競合他社や同業他社の取り組みからアイデアを得て、ニーズについて顧客と話し合い、バックエンドプロセスの合理化をサポートできるパートナーと協力しましょう。これは正しく理解できるよう時間をかける価値があります。返品ポリシーが優れていると、リピート顧客が増加することが多くあります。選択肢が多いほどお客様に喜ばれる理由から、本当に魅力的なカスタマーエクスペリエンスを提供するためのその他の方法を学びましょう。


スモールビジネスセンターからのその他のお知らせ

記事1画像

顧客に最高の体験を提供しながら送料を最小限に抑えることができる簡単な方法をまとめました。

記事7画像

スマートな発送がいまだかつてなく簡単になりました。プロフェッショナルな発送を実現するためのヒントをご覧ください。