FedExで通関遅延を回避する

自信をもって通関手続きをご案内します

自信をもって通関手続きをご案内します

FedExで通関遅延を回避する

FedExで通関遅延を回避する

通関手続きは必ずしも複雑というわけではありません。簡単なステップでいつでもどこへでも時間通りに国際出荷を処理することができます。

素晴らしいことに、現代では世界のほぼあらゆる場所で取引が可能です。しかし、顧客がどこにいるかにかかわらず、時間通りに完璧な状態で購入商品が届くことが期待されています。

商品の配達に細心の注意を払い、世界のどこであってもお客様の貨物が手間取ることなく通関を終えることができるように徹底する業者こそが、信頼できる物流パートナーです。

統計品目番号(HS Code)をよく知らない場合、または貨物のコマーシャル・インボイスおよびプロフォーマの作成方法がわからない場合は、FedEx Global Trade Managerなどのツール内の簡単ステップの手順をご確認ください。情報を検索し、通関の目的の説明に従って進め、関税およびその他税金について確認することで、通関遅延を回避できます。

海外に荷物を発送する際に知っておくべき通関や規制要件についてご説明します。

書類への記入
輸出者には、国際出荷に必要なすべての通関書類を準備する責任があります。FedEx®電子取引書類などのツールを利用すると、通関手続きをスムーズに行うことができます。事前に取引書類を電子的に提出することで、通関手続きを早急に開始することができます。

通関業者
すべてのFedEx国際輸送サービスには、通関委託が自動的に含まれています。当社では標準的な通関サービスのご提供に加え、貨物に特別な通関処理が必要な場合向けに、追加のソリューションも幅広くご用意しています。当社の付帯サービスは地域によって異なります。お客様の地域で利用できるサービスについてはこちらをご確認ください。

関税およびその他税金
国境を超える出荷の多くは、輸入国による関税およびその他の税金の査定の対象になります。税関当局は、越境する品目にかかる税の一種として、輸出入される品目の関税およびその他税金の徴収を行います。

一般的な関税には、自国の産業を保護するために自国で生産された品目と競合する輸入品に課せられる関税が含まれます。関税は通常輸出者が支払います。

一般的な税金には、売上税、付加価値税(VAT)、物品サービス税(GST)を含み、通常輸入者が支払います。

規制に関するアラート
国際出荷の規制と要件は突然変更される場合があります。FedEx eNews Centerを購読すると、お客様の貨物に影響を与える可能性のある最新ニュースや、最新の特典情報を受け取ることができます。

通関遅延を回避するための重要なヒント
国際出荷プロセスを完了すれば、世界のどこであっても確実に顧客のもとに購入商品が届けられます。通関遅延を回避する上で重要なヒントは次のとおりです。

  • 受取人に無料で(サンプルまたは「非売品」として)送る商品であっても、その品目の正確な価額を申告してください。この価額は関税およびその他税金を査定する際に使用されます。

  • お客様の貨物を処理する際に、税関職員が十分な情報に基づいた決定を下せるよう、品目に関する明確な説明を提供してください。品目の説明の良い例と悪い例を示した次の表をご確認ください

不十分な説明 良い説明
贈答品 メンズのニットのセーター1着(100%綿)
サンプル 200cm x 400cmのナイロン製カーペットのサンプル
書類 法的文書20ページ分
子供用の服 綿のシャツ10着
  • 複数個口貨物はまとめ、各貨物に個別のラベルを付けます。

  • すべての必要書類に正しく記入します。具体的かつ正確に、スペルミスがないように注意してください。

  • 必要なすべての通関書類で情報が一貫していることを確認してください。

  • 通関書類に記入する際は、各品目を分けて列記し、それぞれについての詳細かつ正確な説明(何でできているかや、その使用用途を含む)を記入してください。

  • 品目の原産国/製造国を読みやすいように印刷し、その品目がどこで製造、栽培、または生産されたかを明示します。

  • ご自身の通関業者を利用する場合は、その業者の完全な連絡先情報を含めてください。

  • 荷送人と荷受人の両方の電話番号またはファックス番号を提供してください。

当社では、このプロセスのあらゆるの場面でお役立ていただけるさまざまなオンラインリソースやツールをご用意しております。


スモールビジネスセンターからのその他のお知らせ

記事8画像

お客様の返品ポリシーが顧客を満足させているかどうか、顧客を煩わせていないかを確認するにはどうすればよいでしょうか?詳細はこちら。

記事11画像

通関遅延を短縮するシンプルかつ効率的な自動通関ツールの詳細はこちら。