サービス、規制に関するお知らせ、重要な通知

サービス、規制に
関するお知らせ、
重要な通知

サービス、規制に
関するお知らせ、
重要な通知

現在、カスタマーサービスへのお電話が大変繋がりにくくなっております。

お急ぎの場合、オンライン貨物追跡お見積り、および集荷依頼をご利用ください。また便利なバーチャルサポートアシスタント機能もご活用ください。

COVID-19の最新ニュース


フェデックスではCOVID-19(新型コロナウイルス)の影響についてモニターしています。

サービスへの影響につきましてはこちらをご覧ください。

2021年1月8日に弊社幕張営業所、1月10日に府中営業所、および1月12日に成田空港営業所の従業員各1名(以下「該当従業員」といいます。)が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。弊社では、お客様と従業員の安全を最優先に考え、関係地方自治体、および所轄保健所などに報告するとともに連携を図り、感染拡大の抑止に向けて必要なすべての対策を講じています。

また、本事案については、当社で日々実施しております、施設及び設備の消毒そしてオフィスや部屋の換気等の感染防止対策が評価され、保健所からは該当営業所を継続して利用することは問題ないとのアドバイスをいただいております。該当従業員の勤務状況及び営業所における予防施策実施状況を考慮のうえ、1月13日以降の該当営業所の業務は通常通りとなっております。また、これに伴うサービスへの影響もございません。

お客様はじめ関係者の皆様には、ご心配およびご不便をおかけしますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

中国から輸出される医療用資材および非医療用資材の品質管理を強化するために、中国商務省税関総局及び市場監督管理総局は、2020年4月25日付で即時有効となりコンプライアンスを強化する公告第12号を発表しました。

中国の荷送人様は、すべての輸出貨物が最新の通関規制と書類要件に準拠していることを確認する必要があります。詳細については中国商務省のウェブサイトをご確認ください。

中国からの輸出通関を円滑に進めるために、輸入者様は中国からの輸出手続きを行う前に、医療用資材および非医療用資材が通関規制やガイドラインを満たしていることを中国の荷送人様にご確認されることをお勧めいたします。

COVID-19(新型コロナウイルス)の影響により、手書き航空貨物運送状の取り扱いの負荷が増大しております。それに伴い、2020年4月20日より手書き航空貨物運送状割増金を頂戴することとなりました。手書き航空貨物運送状をご利用のお客様におかれましては、1枚につき500円の割増金を頂戴いたします。(デジタルツールで作成された航空貨物運送状に割増金は掛かりません。)

お客様が現在お持ちの手書き航空貨物運送状は引き続きご利用頂けます。2020年4月20日からは、すべての手書き航空貨物運送状の注文時に、1枚あたり500円(取扱手数料込み)の割増金が掛かります。なお、最小注文可能枚数10枚(10枚単位での注文)から、最低の請求金額は5,000円になります。

この割増金は、既存の出荷アカウントに対して、他の料金とは分けて別途の請求となります。

弊社ウェブサイトでは迅速かつ簡単に発送ができる便利なデジタルツールをご用意しております。是非この機会にデジタルツールでの航空貨物運送状の作成ならびに発送をお試しください。

fedex.comの「出荷」をクリックして、はじめましょう。

お客様向け最新情報

個人宛のギフトなどの出荷をどうしたらいいかお悩みですか? こちらをクリックして詳しい出荷方法をご覧ください!

FedEx Ship MangerTM at fedex.comですぐ出荷できます。 こちらをクリックしてオンラインで出荷準備と集荷予約する方法をご覧ください!

FedExの安全性とセキュリティ要件の一環として、2021年1月11日より、営業所受付での出荷を希望される際に、登録済みの出荷アカウントをお持ちでない荷送人様は、政府発行の有効な写真付き身分証明書を提示する必要があります1。この情報は安全とセキュリティの目的で収集され、法律で求められる場合または法律で認められる範囲でのみ使用されます2

受付前には、FedExまたは当社の認定した代理人による検査のためにパッケージの開封をお願いいたします3。また、すべての貨物は、X線を含むセキュリティ検査の対象となる場合があります。

1 例:パスポート、運転免許証、マイナンバーカード、など。
2 詳細については、FedExグローバルプライバシーポリシーおよび通知:fedex.com/en-us/trust-center.html、および該当する国のFedExプライバシーポリシーを参照してください。
3 FedExは、禁止されている商品を含む貨物、または当社の安全とセキュリティの要件を満たしていない貨物を拒否する権利を留保します。

 

当社では法令遵守と航空機の安全運航に万全を期すため、通関手続きの際にエックス線検査を実施し、場合によっては貨物を開封し、内容物の点検を行っております。昨今これらの検査により、書類上のご申告内容と異なる危険物や当社の輸送禁止品目に該当する物品が発見され、税関当局より指摘されるケースが多発しております。

特にライターは新品・中古品にかかわらずIATA(国際航空貨物輸送協会)の規則では危険物(UN1057)に該当し、危険物としての申告が求められます。非危険物または輸送禁止品目でない貨物として当社で承る為には、お客様にて航空貨物運送状およびコマーシャルインボイスに「Not Restricted(非該当)」と明記の上、さらに日英併記の「洗浄証明書」等その他必要書類を別途作成、ご提出いただく必要がございます。

なお、貨物受託後の当社や税関による内容点検等により輸送禁止品が見つかった場合には、配達不能貨物となり、貨物の没収や破棄等の指示がなされます。その場合には当社の単独の裁量で破棄またはその他の処分をする権利を有します。さらに、荷送人様は配達不能となった貨物の返送、保管、売却、廃棄または処分に生じる一切の費用をお支払いいただく場合がございますので、十分ご注意ください。

フェデックスで受託することができない輸送禁止品の詳細は、国際サービス規約からご確認いただけます。

当社ではホリデーシーズンを前に多くの贈答品の配送を承っておりますが、お客様の送られる内容物に輸送禁止品は含まれておりませんか?

フェデックスで受託することができない輸送禁止品の詳細は、国際サービス規約からご確認いただけます(例:たばこや電子たばこ等)。仕向地によってはさらに制限が適用される場合がございます。また、物品によっては通関手続以外の様々な規制上の取扱手続を必要とする場合もあります。詳しくは当社カスタマーサービスまでお問い合わせください。

なお、貨物受託後の当社や税関による内容点検等により輸送禁止品が見つかった場合には、配達不能貨物となり、貨物の没収や破棄等の指示がなされます。その場合には当社の単独の裁量で破棄またはその他の処分をする権利を有します。さらに、荷送人様は配達不能となった貨物の返送、保管、売却、廃棄または処分に生じる一切の費用をお支払いいただく場合がございますので、十分ご注意ください。

弊社のオンライン発送ツールFedEx Ship ManagerTM at fedex.comの新バージョンでもフェデックス電子取引書類(ETD)がご利用いただけるようになりました。オンラインでコマーシャル・インボイス等の取引書類をアップロードすることができる為、事前に印刷し、実際の貨物へ取引書類を添付する必要がありません。* ご利用いただく事でご入力いただいた貨物詳細が瞬時に送信されますので、さらに通関遅延リスクを軽減することができます。ぜひ、お試しください。

なお、法人様からのご出荷の場合、必ずコマーシャル・インボイスに法人名のご記載をお願いします。ご記入がない場合に通関遅延リスクが高まる場合がございますので、記載漏れないようご留意ください。

*一部ご利用いただけない仕向国・地域がございます。また、航空貨物運送状の印刷は必要です。

ヨーロッパをテーマにした素敵なギフトを抽選で獲得するチャンスがございますので、ぜひキャンペーンページよりご登録ください。

キャンペーンに関するお問合せは、apac_mktg4@fedex.comまでお願いいたします。

*本キャンペーンは日本のお客様のみを対象としております。

2020年11月23日より手書き航空貨物運送状*をご利用の場合には、追加で処理時間を要する為、中国本土向け貨物にはご配達まで追加の所要日数がかかります。

それには当社のFedEx Ship Manager™ at fedex.comが最適です。このオンラインツールをご利用になると航空貨物運送状と出荷書類を素早くご準備いただけます。オンライン出荷をご利用の場合には追加料金**や配達所要日数の変更はございません。オンライン出荷のメリットについて詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

*追加の処理時間を要しません。手書き航空貨物運送状のことを指します。

** 2020年4月以降、手書き航空貨物運送状に割増金を頂戴しています。詳しくはこちらをご覧ください。

弊社はお客様に貨物のご出荷を可能な限り簡潔に行っていただけるよう努めております。オーストラリア向けにご出荷をご検討の際は、次の必須記載事項をご提供いただくことが重要となっています。 

1. 荷送人様のお名前(姓名)とご住所

2. 荷受人様のお名前(姓名)とご住所

3. 電話番号と電子メールアドレス

4. 部品番号や一般的な名称や略語は避け、内容物の明瞭な詳細をご記入ください。重量も必ず0以上の数値をご入力ください。

5. 内容物の申告価額は市場価値を正しく反映し、コマーシャルインボイスと合致している必要があります。

お客様におかれましては、上記詳細を通関等の遅延を低減し、速やかな貨物のお届けを実現する為、弊社へご提供いただく必要がございます。この件について、更にお手伝いが必要でしたら、お客様の担当営業、または弊社カスタマーサービスまでご連絡ください。 

2020年11月15日より、全世界から郵便物(フェデックスとTNT貨物を含む)でオーストラリアへ危険性の高い植物製品の輸入は認められない事となりました。オーストラリアに到着した危険性の高い植物製品が含まれた貨物は全て廃棄されます。

オーストラリア政府、農業・水資源省(DAWE)はカパラカブトムシ(ヒメアカカツオブシムシ)による穀物への被害を及ぼす危険性を抑制する為にこの措置を導入する決定を行いました。この措置は段階的に導入される為、詳しくは、上記管轄省のホームページ、カパラカブトムシ(ヒメアカカツオブシムシ)とその危険性の高い植物製品についての情報欄をご覧下さい。

2020年10月1日より、輸入貨物への付帯通関サービス手数料を一部改定させていただきました。詳しくはこちらからご確認ください。

FedEx公式LINEアカウントによるサービスを開始しました。多くの方が利用されているLINEアプリで、集荷予約や貨物追跡などのオンラインツールに簡単にアクセスしてこれをご利用いただけます。

FedEx公式LINEアカウントの主な特徴

  • 弊社ホームページ上の便利なツールへの簡単アクセス
  • LINEのトーク画面を使用して、よくある質問(FAQ)を検索

今すぐ始めたい、また詳しくお知りなりたい場合は、下記のQRコードからアカウントをダウンロードしてください。

LINE QR code

当社ネットワークの効率改善の取り組みの一環として、米国のフェデックス エクスプレスにおける個人宅宛配達サービスのご配達お約束時間と配達方法を調整させていただきます。

•2020年9月28日より、米国向けフェデックス・インターナショナル・プライオリティ(IP)およびフェデックス・インターナショナル・プライオリティ・ディストリビューション(IPD)サービスの配達お約束時間を、午前10時30分から正午までに変更いたします。

•2020年10月5日より、米国向けのすべての個人宅宛貨物の配送方法が変更されます。対象の貨物は、最初に配達にお伺いした際、荷受人その他住所の受取人の署名(ISR)、荷受人住所の受取人による署名(DSR)、または成人による署名(ASR)の署名オプションをご選択されている場合を除いて、荷受人様がご不在の場合は玄関前に貨物を置き配達完了致します。

置き配をご希望されないお客様は、署名オプションをご選択ください。

*署名オプションは有料となります(380円~)。
*総運送申告価格が500ドル以上の場合は置き配は致しません。またその場合、署名オプションは無料でお選びいただけます。(ASRは除く)
*署名オプションをご選択された場合でも、弊社の新型コロナウイルス感染症に関する追加予防策の一環で、配達員が荷受人様の在宅確認ができた際には、ご了承を得たうえで署名をいただくことなく玄関前へ貨物を置き、配達を完了する場合があります。

規制・通関に関する情報

"2019年12月1日付で低価額物品に対する新しい規制が導入されました。ニュージーランドの消費者に低価額物品を販売する海外の事業者は、2019年12月1日以降に支払いが発生または請求書が発行される場合、物品の15%のGST(物品・サービス税)の登録、徴収、返還が必要になる場合があります。 

新しい規制は、税関価額が1000ニュージーランドドル以下の物品に適用され、オンラインマーケットプレイスや直販業者、再配達業者を含む海外の事業者は、ニュージーランドの消費者に販売するためのアカウントを登録する必要があります。GSTが課税されるかを決める際、税関価額の 1000ニュージーランドドルには輸送費と保険費用は含まれません。

価額が1000ニュージーランドドル以下のすべての貨物は、入国貨物報告書(ICR)、簡易輸入申告(SID)または正式輸入申告により通関されます。 価額が1000ニュージーランドドルを超える物品の現行の手続きには変更はなく、通常のGST及び関税の計算方法が適用されます。

この新しい低価額貨物規制は、既にオーストラリアで適用されている低価額物品への規制と類似するものです。ニュージーランドの新しいGST規制についての詳細は、ニュージーランド税関のサイトをご覧ください。 

オンライン詐欺にご注意ください

フェデックスのオンライン請求システムである、フェデックス ビリングオンラインの名称をかたった不正な電子メールがお客様宛に届いているケースが報告されております。そのような電子メールには、請求書に関するあいまいな表題がつけられています。(例: “Your FedEx invoice is ready to be paid now (フェデックスへのお支払い用請求書がご用意できました)”, “Please pay your outstanding FedEx invoice(未払いのフェデックスの請求額をお支払ください)” , “New FedEx Invoice (フェデックスの新規請求書)”, “Your FedEx invoice is ready(フェデックスの請求書をお送りします)”, “Pay your FedEx invoice online(フェデックスの請求額をオンラインでお支払ください)”など)

これらに該当するメールを受信した場合は、メールを開いたり、個人情報を提供したりしないでください。これらのメールは直ちに削除してください

フェデックスでは、お荷物、請求書、アカウントナンバー、パスワードあるいは個人情報に関する情報をお伺いするような未承諾電子メールをお客様にお送りすることはございません

フェデックス・カスタマー・プロテクション・センター(英語サイト)に、オンライン詐欺の被害から身を守るための情報を掲載しています。いくつかのヒントに従うことによって、オンラインでのご利用をより安全で確実なものにすることができます。

詐欺メールの実例の情報につきましては、 フェデックスUSのサイト(英語サイト)からご確認いただけます。

フェデックスの社名を許可なく使用した不正な電子メールがお客様宛に届いているケースが報告されております。そのような電子メールには、フェデックスの荷物が配達できないので、添付ファイルを開けて印刷し、それを持参してフェデックスの営業所に荷物を受け取りに来るように記載されています。

これは不正な要求であり、電子メールの添付ファイルにはウィルスが含まれていますので、お客様におかれましてはご注意ください。このような不正な電子メールを受け取られた場合には、添付ファイルを開くことなく直ちに電子メールを削除してください。

フェデックスでは、輸送中や保管中の荷物と引き換えに、未承諾広告メールや電子メールを使って、料金の支払いをお願いしたり、個人情報をお伺いしたりすることはございません。

フェデックスを名乗る不正な電子メールを受け取り、金銭的な損失をこうむった場合には、適切な経路でお客様のお取引金融機関にご連絡ください。

*フェデックスの社名、商標およびロゴの無許可または不正使用による詐欺行為により発生した料金または費用について、弊社では一切責任を負いません。

サービスへの支障についての情報

大雪の影響により、東北、北陸および信越地方を中心とした一部地域において集配に遅れが生じております。
お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。